トライ式高等学院の通学型は生徒一人ひとりに合わせ個別授業をしています

生徒一人一人に対して最適な学習計画を作成

担当する教師は、生徒の性格や相性を考えて決めてくれるので、生徒が勉強しにくくなり、質問ができないとか、分からないまま勉強を先に進められてしまうなどのようなことが起こってしまう心配がありません。
例えば、生徒が大学進学を目指している場合には、大学入学試験に対応した学習が必要になってくるので、このような生徒に対しては、大学受験を専門としている教師が授業を担当し、大学入学試験に合格できる学力を付けられるように生徒一人一人の学習能力に合わせた授業を進めていきます。
生徒一人一人に対して最適な学習計画を作成し、それに基づいて学習を進めていくので、大学に合格することができる学力を身に付けることができます。
また、将来のために英会話をしっかりと身に付けたい生徒の場合は、英会話が専門の教師が生徒に最適な楽手計画を立てて楽しみながら英語力を身に付けることができます。
また、手品師になりたい生徒や落語家になりたいと考えている生徒に対しても、それぞれプロの手品師や落語家の教師が教えてくれるので、楽しみながら確実に力を付けることができるようになっています。
また、トライ式高等学院では、学習や目的別などを担当している教師以外にも、キャンパス長と呼ばれているチューターのような役割をしている人がキャンパスには常駐しているので、授業を受けている生徒の他にキャンパスの中で学習を行っている生徒のサポートをしたり、生徒同士の人間関係や、不安なことや悩みなどを抱えている生徒から相談を受けるカウンセラーなどもしています。
また、キャンパス内で一人になってしまっている生徒たちへの働き掛けも、トライ式高等学院では多くの教師が連携してサポートを行っているので、安心して通学できるようになっています。

通学回数を自分で決められるトライ式高等学院生徒一人一人に対して最適な学習計画を作成楽しくキャンパスライフを送れるように